晩節を汚す人達 (2022/9/25)

 

 

晩節を汚す。このところ、そんな話題が次々と出て来る。

 

去る7月、ENEOSホールディングスの代表取締役会長だった杉森務氏が沖縄のクラブで引き起こした事件1/。同様な事件は俳優の香川照之が8月に引き起こしている。どちらも、酒に酔ってホステスの服を引き剥がし、胸を触ったというものであった。ホステスが警察に訴えを出さなかったので刑事事件にはならなかったが、警察沙汰になれば立派な犯罪2/である。

 

ご両人共にその世界では名声を築いた人達で、立派な学歴と立派な経歴の持ち主である。酒が入っていたとはいえ、なぜそのような事件を起こしたのだろうか。

 

年を取ってから問題を起こす人を「老害」とも言う。ただし、「晩節」は必ずしも老人とは限らない。香川照之56歳はこれに当てはまる。杉森氏は、うーん66歳か、老害と言われても仕方ないのかも知れない。

 

晩節を汚すという言葉をインターネットで探ってみたら、こんな面白い話が見つかった3/。年を取って問題を起こす人の心理や特徴には共通点があるという。

1   プライドが高い

2   時代の変化に対応できない

3   欲が深い

なるほど、なるほど、痛い所を突いている。

 

老害という意味では、森喜朗元首相(85歳)も上の条件の幾つかが当てはまりそうである。女性蔑視問題でオリンピック組織委員会の会長の座を引き下ろされた(形は辞任)。ところが、これでは終わらなかった。オリンピック・パラリンピック汚職事件で逮捕されたAOKIホールディングス前会長・青木拡憲容疑者から200万円を手渡されていた疑惑で、重要参考人として検察庁特捜部の事情聴取を受けた4/。人間、どこかで身の引き時を考えるべきなのだろう。

 

さて、我が身を振り返ってみると、「1」については意味が少々違うが、頑固という点でかみさんや娘に言わせればYesのようである。「2」については、仕事では未だ専門分野で戦えているので、何とか時代について行っていると思う。「3」については、私はケチであるが、だかと言ってそれほど金には執着するわけでもない。ま、一つは当たっているかな。

 

 

1/     この事件を起こしたのが7月、翌8月に一身上の都合で役員を辞任。沖縄での事件がマスコミに知れることとなり、921日にENEOSは辞任の理由が性暴力であったと発表した。

2/     強制わいせつ罪。杉森氏の場合は、相手のホステスにケガをさせているので傷害罪も当てはまる。

3/     https://oggi.jp/6493994

4/     毎日新聞(2022910日)

 

 

 

 

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: door「ホームページ」に戻る。